特定健康診査について

特定健診とは、法律により医療保険者に義務付けられている健康診断です。

平成20年4月から、医療保険者(国保・被用者保険)が40歳から74歳の加入者(被保険者・被扶養者)を対象として、毎年計画的に決められた検査内容を行う健康診査を『特定健康診査』といいます。
内臓脂肪型肥満を共通の要因とし、高血糖、脂質異常、高血圧を呈する病態であり、それぞれが重複した場合は、虚血性心疾患、脳血管疾患等の発症リスクが高く、内臓脂肪を減少させることでそれらの発症リスクの低減が図られるという考えを基本としております。

  • 協会けんぽに加入している40歳~74歳までのご家族(被扶養者)様を対象とした健診です。
  • 年度に一回に限り、特定健康診査の費用一部が協会けんぽ補助対象となります。

特定健診の内容

労働安全衛生法における定期健康診断の内容をもとに当院の規定で設定した検査内容です。40歳未満(35歳を除く)の方を対象にお勤め先での定期健康診断として管理する場合に適しております。

検査項目

  • 身長・体重・BMI・腹囲
  • 血圧測定
  • 尿検査(蛋白・糖)
  • 空腹時血糖
  • 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
  • GOT・GPT・γ-GTP
  • 内科診察(視診・聴打診など)

特定健診の費用

ご加入の健康保険組合により負担金が異なります。ご不明な場合はこうのす共生病院健康管理課までお問い合わせください。

健康診断のご予約・お問合せ

健康管理課までお電話またはメールにてご連絡ください。
048-541-7737
受付時間:月~金 9:00~17:00/土 9:00~12:00
PAGE TOP