メニュー

患者様の権利と責務

患者様の権利と責務

患者様と医療従事者との信頼関係を築き、良質な医療を提供致します。

そのために私たちは患者様の権利を守り、患者様が主体的に医療に参加できるように支援してまいります。そのうえで、患者様にも守っていただく責務がございます。

以下に掲げる事項は、患者様が医療を受けられる際に守られるべき権利と患者様自身に求められる責務に関する内容です。十分にご理解いただきますようお願い致します。

患者様の権利

  1. 良質な医療を受ける権利
    患者様は、誰でも経済的・社会的地位、年齢、性別、病気の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく、適切な医学水準に基づいた安全・良質かつ適切な医療を公平に受ける権利をもっています。
  2. 尊厳を得る権利
    患者様は、いかなる状態にあっても、一人の人間としてその人格や価値観を尊重され、人としての尊厳が保たれる権利をもっています。また、プライバシーが守られる権利をもっています。
  3. 選択の自由の権利・セカンドオピニオンを求める権利
    患者様は、いかなる検査や治療を受ける上でも、担当の医師、病院を自由に選択する権利を持っています。また、いかなる診療の段階でも、ほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利をもっています。
  4. 自己決定の権利
    患者様は、ご自身に関わる診療行為に関して、十分な説明と情報を受けた上で、患者様自身の医療・医学研究・教育への参加を自らの意思で選択し、決定する権利があります。また、その意思決定を行う上で必要となる医療情報を得る権利をもっています。
  5. 代行者による権利
    患者様が意識不明、あるいはそのほかの理由で意思を表現できない場合(未成年の場合を含む)には、法律上の権限を有する代理者が患者様の代わりに意思決定をする権利をもっています。
  6. 情報に対する権利
    患者様は、自身の診療記録の開示を含め診療情報を知る権利があります。ただし、その情報が患者様自身の生命・健康を著しく害する場合は除きます。また、知りたくない情報を告知されない権利もあります。
  7. 機密保持を得る権利
    患者様は、診療の過程で得られた自分の個人情報の機密が保持される権利をもっています。患者様の承諾なくして、患者様に関する情報を診療に関与する医療従事者以外の第三者に開示されない権利があります。
  8. 健康教育を受ける権利
    患者様は、健康教育を受ける権利があります。

患者様へのお願い(責務)

  1. 正確な情報を提供する責務
    患者様には、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自らの健康に関する情報(家族状況、既往歴、家族歴、アレルギーの有無、症状の変化、現在の症状など)をできる限り正確に医療提供者に伝える責務があります。患者様自身の健康に関する情報を、できる限り正確にお伝えください。
  2. 疾病や医療を十分に理解する責務
    患者様自身の疾病や医療について十分理解する責務があります。医療従事者の説明がよく理解できなかった場合は、納得できるまでお尋ねください。
  3. 医療に積極的に取り組む責務
    患者様には、検査や治療について納得・合意した方針に対して、意欲をもって取り組む責務があります。
  4. 医療の安全確保および院内感染防止のための取り組みに協力する責務
    ・患者取り違え防止のため、フルネームや生年月日での呼称確認
    ・転倒・転落事故防止のため、やむを得ず行動制限を行うこと
    ・手洗い・マスク・ガウンなどの着用への協力
  5. 快適な医療環境づくりに協力する責務
    すべての患者様が快適な環境で医療が受けられるよう、患者様には病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。快適な環境で医療を受けられるために、以下のことを禁止します。
    ・暴言、セクシャル・ハラスメント、暴力行為、脅迫、強要、窃盗
    ・危険物の持ち込み、飲酒、喫煙
    ・入院時の無断外出、無断外泊
    ・器物破損
    ・宗教勧誘・政治活動
    ・物品販売
    ・そのほかの迷惑行為
  6. 社会的ルールを守る責務
    患者様には社会的なルールを遵守し、ほかの患者様のプライバシーや権利を尊重し、医療費を適正に支払う責務があります。
  7. そのほか、治療・療養上の指示および定められた規則をお守りください。
CONTACT

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

メールでの問い合わせ