メニュー

2022.08.17どんな患者様にもかき氷を楽しんでもらえるように

どんな患者様にもかき氷を楽しんでもらえるように

こんにちは☺栄養科です。

毎日暑い日が続きますね。

栄養科の取り組みとして「嚥下(えんげ)障害」をテーマに、ST(言語聴覚士)さんと一緒にとろみをつけた水分を冷凍し、かき氷の試作・試食を行いました。

嚥下障害とは、食べ物を上手に飲み込めない状態のことで、特にむせやすいのは味噌汁やお茶などの水分です。夏は冷たい氷が食べたい・・・そんな時、嚥下障害のある方の場合は口の中で溶けた氷がサラサラの水分となりむせてしまうこともあります。

むせることなく氷を食べていいただきたい!そんな思いから今回は試作を行いました。

今回試作をしたのは

  • 栄養剤にとろみ(濃いとろみ)をつけたもの
  • 栄養剤にとろみ(中間のとろみ)をつけたもの
  • 緑茶に中間のとろみをつけたもの
  • イオンゼリー

こちらの3つを冷凍し、家庭用の機械でかき氷をつくりました。

言語聴覚士・管理栄養士の他、2名の先生方にも試食していただきました。

試食の結果は・・・・いい感じのおいしいかき氷!☺☺☺

口の中でもサラサラの液体にはならずにむせにくい仕上がりとなりました。

特に栄養剤のかき氷はムースのような柔らかい食感となりました。

氷自体に味が付いているかき氷は台湾で人気だそうで、まさしく台湾風かき氷といった感じの仕上がりかもしれません。

とろみ付きのお茶氷、イオンゼリーのかき氷についても栄養剤の氷よりはサクサクした食感ではありますが、やはりサラサラの液体にはならずにむせにくい仕上がりとなりました。

もちろん、室温で溶けてもサラサラにはならずに氷にする前のとろみを保つことができました。

サラサラの水分でむせてしまう・・・けれどこれなら食べられる!そんな時にご活用していただければと思います。

これからもお食事が皆様の生活の楽しみや癒しになっていただけると嬉しいです。

記事をシェアする
  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
CONTACT

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

メールでの問い合わせ

大切なお知らせ

発熱・風邪症状のある方、PCR検査をご希望の方へ

当院では院内感染防止のため、通常の外来診療と分けて発熱外来を行っています。受診には事前に電話での手続きが必要です。来院せずにまずは当院までお電話ください。

<ご予約受付時間>
受診を希望される日の8:30〜17:00までが予約受付時間となります。受診希望される方は当院までお電話ください。
※平日上記時間外、土曜日の午後、日曜日、祝日はご予約・検査を承っておりません。
※ホームページからお問い合わせ頂いてもご予約できません。
※完全予約制のため、予約後はキャンセルできませんのでご了承ください。

TEL : 048−541−1131

※現在、PCR検査希望など多くの問い合わせを頂いており、電話が大変つながりにくくなっております。 大変申し訳ございませんが、つながらない場合は、時間を空けてお問い合わせくださいませ。

閉じる