2021年5月、新病院へ移転しました!

医療法人社団鴻愛会 こうのす共生病院新病院 特設サイト

寄り添いあい“共に生きる”地域社会をつくる

想いをカタチにする新病院

NEW!
2021年5月、こうのす共生病院は、
より充実した医療体制に進化し、新病院へ移転しました。

OUR CONCEPTあなたの「想い」に寄り添い
「共に生きる」病院へ

病院にいらっしゃる方々は様々な悩みや苦しみ、不安などを抱えています。私たちはこれまで、ご家族の努力により何とか自宅で生活されている方や、身寄りがなく自宅で倒れてから数日間経過してから病院に運ばれてきた方、歩行が困難となり自宅での生活が送りにくくになってしまった方など、様々な患者さんを診察・治療してきました。患者さんが抱えている問題の中には、病気の治療だけでは解決できないこともあり、ご家族や行政・介護施設等と密に連携して対応し、解決していく必要があります。

新病院への移転により、整形外科や内科等を中心に救急医療や専門的な治療を行いながら、早期回復を目指したリハビリの体制強化を図っていきます。また、訪問診療も担うことで、自宅でも病院でも患者さんが望まれるかたちで、様々な医療を受けることができる体制を構築していきます。新しく開設した健診・人間ドック部門では、地域の方々への疾病予防にも寄与していきたいと考えています。

私たちは、ただ病気を治すことだけを目的とした病院ではありません。 地域に密着した中小規模病院だからこそできる、患者さんとご家族の「想い」に寄り添い、希望のお手伝いする人生の伴走者として「共に生きる」を医療や介護サービスを通じて提供していきます。鴻巣市において「愛し、愛される」病院を目指して精進し続けてまいります。

理事長神成 文裕

OUR ACTIONS6つのアクション

1急性期医療・救急機能の強化

レントゲンやCTを最新鋭機器に更新し、MRIを新規導入しました。また救急室や手術室も拡充。急性期医療・救急医療をさらに充実させ、より幅広い診療ができる体制を構築します。鴻巣市内の二次救急指定病院として、地域の皆様が安心して受診できる病院を目指していきます。

2リハビリ機能の強化

現状より4.2倍の広さとなるリハビリ室を完備。質の高いリハビリを提供し、患者さんが元の生活を取り戻すことができるようにお手伝いをします。さらに、介護保険サービスでの短時間通所リハビリ(デイケア)も開始し、機能改善のみではなく対話を通して患者様の「想い」に寄り添い、病院が行う“リハビリの一歩先”を共に目指していきます。

3こうのす共生クリニックと統合

透析クリニックである「こうのす共生クリニック」は病院内に統合されました。院内に透析部門を設けることで、より安心できる透析の診療体制が整い、透析の新規導入患者様やリハビリを目的とした透析患者様の入院受け入れも可能となります。

4健康診断の充実化

新たに健診・人間ドック部門を開設しました。一般外来患者様とは別エリアの落ち着いた環境で検査を受けることができます。地域の皆様や企業の方々に積極的に受けていただき、鴻巣市に関わる方の健康維持と向上に貢献できる健診部門を目指します。

5地域の医療機関や介護施設との連携強化

地域の医療機関や介護施設、専門的加療が可能な大病院との連携をさらに深めていきます。施設が変わっても患者様やご家族の「想い」がつながるサービスの提供をできるように、鴻巣市を中心とした地域包括ケアシステムの構築を目指します。また当院は病気を治すことにとどまらず、患者様がより良い生活を送れるよう、積極的にアプローチしていきます。

6病院のスマート化、D/X化の推進

私たちは医療と介護に携わるこの仕事を「人と人との関わり合い」であると考えています。AIやIoTを積極的に導入し、事務的な業務の効率化・省力化を図りながら、“人だからこそできる”「想い」に寄り添う医療と介護サービスの提供を目指します。

OUR GROWTH数字で振り返る
こうのす共生病院

こうのす共生病院は、ここ数年でより良い医療を提供するためのチャレンジ・改革を行ってきました。まだまだ通過点ではありますが、これまでに改善できた数値をご紹介します。

職員数

スタッフの増員で、
より患者様と接する時間を大切にできるようになりました。

1日の平均リハビリ時間
(入院患者 / 単位から算定)

早期の在宅復帰を目指すために、
患者様に合わせたリハビリを1日平均50分行っています。

平均在院日数

リハビリ機能の向上、医療機関・介護施設との連携、
スタッフの増員により、3日間も早く退院することが可能になりました。

救急搬送件数

多くの方を受け入れられる体制になりました。

整形手術件数

整形外科の医師の入職により、院内で手術できる件数が増えました。

and Next...

こうのす共生病院は「共に生きる」の実現のため、
さらなる医療体制の充実を進めていきます。

WHAT'S NEW?新病院の新しいカタチ

「より便利に、より身近に」

1密にならない環境で感染対策を

旧病院の2.5倍の広さになりました。感染を気にせず、密にならずにゆったりと解放的な空間をご利用いただけます。

2大型駐車場を完備

154台利用可能な駐車場を完備。お車で気軽にご来院いただけます。車椅子や歩行が困難な方は、屋根付き正面玄関前にお車を付けられますので、患者様を先に病院内へご案内いただけます。

3受診しやすく、快適な通院・療養環境の提供

外来エリアには新たに売店が設置され、軽食や入院で必要な物を購入できるようになりました。カフェスペースもありますので、ご家族様とゆっくりと食事をしながらお過ごしいただけます。病棟にはお見舞いにいらした方とくつろげるデイルームも配置。さらに、病室が広くなるためプライバシーを保ちやすい環境で治療を受けられるようになりました。

4時間を有効に過ごしていただくための工夫

家にいながら事前Web問診ができたり、お呼び出し時間をスマホで確認できるようになり、待ち時間のご負担を軽減できるようになりました。また診察後も、自動精算機や後払い精算ができるシステムを導入することで、会計待ち時間を無くし、スムーズにお帰りいただけます。

5オンライン面会

面会が出来ない状況の中、入院されている方と顔を見て面会できるよう、LINE電話を使ったオンライン面会を行っております。遠く離れた場所からでも面会が可能となります。

6PHRで医療サービスの拡張

外来の待合番号表示・受診の予約日・薬の処方内容・健診の結果・検査履歴などの情報を、ご自身のスマホからいつでも確認できるようになりました。これらのデータは、患者様へのより良い医療サービスのご提供にもつながります。

FAQ新病院に関する
よくあるご質問

Q病院はどこに移転しましたか?
A
旧病院から1.5km先へ移転しました。埼玉県鴻巣市上谷2073-1[MAP
Q駅から近いですか?バスは出ますか?
A
駅からは少し離れてしまいますが、当院までのシャトルバスがございます。詳しい情報はブログをご覧ください。
Q駐車場は有料ですか?
A
無料で利用いただけます。
Q診察券は新しく発行する必要がありますか?
A
いいえ、必要ありません。今までお使いいただいていた診察券をそのままご利用いただけます。
Q医師の外来担当日(曜日)は変わりますか?
A
いいえ、変わりません。現在の曜日で対応いたします。
Q電話番号は変わりますか?
A
いいえ、変わりません。今の電話番号のままこうのす共生病院に繋がります。

ACCESS所在地・アクセス

所在地

〒365-0027 埼玉県鴻巣市上谷2073-1

電話

048-541-1131平日: AM 9:00~12:00 PM 2:00~5:00 /
土曜: AM 9:00~12:00

お車でお越しの場合

圏央道桶川加納ICより北西方面へ 車で約15分

国道17号鴻巣市天神二丁目交差点より北東方面へ 車で約5分

JR高崎線鴻巣駅より タクシーで約10分

電車・バスでお越しの場合

JR高崎線鴻巣駅より 徒歩約35分

無料シャトルバス利用可能

OVERVIEW新病院概要

移転時期 新病院オープンしました
所在地 〒365-0027 埼玉県鴻巣市上谷2073-1
電話番号 TEL: 048-541-1131
病床数 102床
診療科
  • 整形外科
  • 消化器外科
  • 救急科
  • 内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 腎臓内科
  • 漢方内科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 耳鼻いんこう科
  • 眼科